カンジダ症とおさらば!

性病にならない為の予防法は?

性病にならない為の予防法は、コンドームが大切です。
極端なことをいってしまえば性行為をしないことが一番の性病にならない為の予防法ではあるのですが、人間には性欲があります。
性欲は、子供を作るために必要な自然な欲求ですので、完全にやめることはできません。
しかし、現実的なことをいえばそのとおりで性行為をしないことが一番の対策法ですので、不特定多数の人と性行為をしないことが対策にはなります。
不特定多数の人と接触する数が増えれば、性病に感染してしまう確率も必然的に上がってしまうことになります。
そのため、できるだけ信頼できる人とのみの性行為が望ましいといえます。

そして、挿入するときはコンドームをしっかり使用することが大切です。
これは、最初から生で挿入をして、途中からイクときにだけコンドームを装着したのでは意味がありません。
最近では、フェラチオを性行為の中でするのが一般化してきているため、のどからも感染してしまう可能性があります。
これは、コンドームでは防ぐことができません。
これらの行為からクラミジアなどの性病に感染をしてしまうこともあります。
一番大切なのは、性行為の相手が性病に感染していないかを見極めることです。